片づけでやることは、3つだけ。

片付けでやることはたったの3つ

①残すものを選んで、あとは捨てる

残すものは、大好きなものと必要なものだけ。
3年使っていないもの。本当にこれからも必要ですか?

本当にもったいないのは、いらないものでふさがれた、
あなたの未来。空間と時間。

選ぶスピードは、早い方が楽。モノが少なければ少ないほど、楽なんです。

おかたづけのファーストステップはまずカテゴリーごとに集めてから、選ぶということをします。
(文具なら文具全部、本なら本全部、お皿ならお皿全部。)

②定位置(収納)を作る

次のステップは、カテゴリーごとにモノを一緒にしてゆきます。

よく使うもの(一軍)は、使いやすい場所にゆったりと。
あまり使わないもの(二軍)は、使いにくい所にぴっちりと。

最初に収納用品を買わないのもポイントです。モノを選び終わって、配置を決めることが先です。
よく使うものがワンアクションで取り出せる。それがベストな収納。

場所には、役割を持たせる。
まず、作りつけの収納を活かす。収容用品を買うのはその後でも間に合います。

③買い物を変える

モモとのお片付けが終わりにさしかかると、あなたは自分自身の変化に気づくことができるはず。
モノを捨て終わった後、自分の「好き」が分かるようになります。

あなたの身の回りに置くものは、あなたの環境を作ります。
だから、「自分の定番」を考えてみましょう。

それ、絶対必要?代用できない?
ときめきや一目惚れは、買うべきサインなのかもしれません。

アパレル販売員の言い伝えで「一目惚れは失敗しない」という言葉もあります。
※試着はしてね!

少ないくらいがちょうどいい。暮らしに工夫の楽しみができるから。