片づいた部屋を維持するには?

(この記事はメルマガ『モモ片づけ通信』の記事を加筆・訂正したものです。)
モモの片づけ通信 第9号(2015年10月23日発行)

みなさま、こんばんは!

今週も金曜日がやってまいりました!

BBSはじまるよ・・じゃなくて、「モモの片づけ通信」始まりますよ~(笑)。

昨日は、めずらしく夫くんが平日にお休みが取れたので、
有馬温泉に日帰りで行ってきました。

温泉大好きの夫くんと結婚してから、私は温泉に目覚めました(笑)。
毎年、秋から冬にかけてのシーズンには、月に一回は有馬に。

有馬ってね~、ほんとにいいお湯なんですよね!!!
身体が芯からあったまります。

いや~~~、
こんなに泉質が良い温泉が近場にあるのって、
ほんとに恵まれてます!!

昨日はお天気も良かったので、露天風呂につかって、
ぽっかりとした空を眺め、あったまってきました。

そして、外せないのが、温泉饅頭。
ほかほかあちあちの、こしあん・・・♪

いやー、漫画『テルマエロマエ』ではありませんが、
お風呂に浸かると、人間は温和になりますね(笑)。

さてさて、今回のメルマガのテーマは、『片づいた部屋を維持するには』。

前回、前々回と、リバウンドしない仕組みについて書いてきました。

そして、今回は、片づいた部屋の維持、つまりは、

『モノを使ったら元の位置に戻す』

『掃除をする』という習慣


について、書きたいと思います。

つまりは、後片づけです。

ちなみに、片づけをしてはじめて知ったのですが、
多くの方が、最初は後片づけ=リセット片づけが大嫌い、
もしくは強烈な苦手意識をもっています。

かくいう私も大嫌いでした!
だってめんどくさいですもん!!(笑)

でもね、なぜめんどくさいかといえば。

モノがたくさんあるから。
元に戻しにくい場所にあるから。
そして、元に戻すという習慣がないから。


『モノを管理できる適正量まで減らして、増やさない』
『収納を使いやすくする』

この二つがそろっていれば、
リセット片づけは驚くほど簡単です。
簡単なことだから、すぐ習慣化することができます。

そして、リセット片づけが習慣化された時、
モノは定位置からなくなることがなくなります。

モノを出す→使う→しまう

というサイクルが完成するのです。

常にモノがしまわれていると、掃除にすぐとりかかれます。

私は、決して掃除が好きではありませんが、
モノがないとホコリが目立てしまうのと、
すぐに掃除ができてしまうため、
(そして夫くんが掃除にうるさいため)、

ストレスにならない頻度で掃除をして、心地良い状態が保たれてます。

リセット片づけする頻度ですが、
小さいサイクルにすればするほど、
基本的に元に戻すモノや労力が少なくて済みます。

そして、リセットするたびに、『我が家は美しい』ということを確認できます。

リセット片づけを定期的に(理想は毎日)していると、

だんだん、『部屋が片づいているのが当たり前』になります。

『歯磨きするのが当たり前』

『毎日お風呂に入るのが当たり前』

『毎日ご飯食べるのが当たり前』

と同じように、

『毎日部屋が片づいているのが当たり前』。

『当たり前』という感覚になったら、
片づけた部屋を維持することに、たいしたエネルギーを使いません。

『当たり前』にするには、『簡単にすること』。
かたづけを簡単にするには、
モノを減らしてから、使いやすく収納すること。

ああ、片づけってなんてシンプルなんでしょう!(笑)

ではでは、今週も、最後まで、お読み下さってありがとうございます。

皆様、今週末も、よいお片づけを♪

(この記事はメルマガ『モモ片づけ通信』の記事を加筆・訂正したものです。)