片づけしたらだめんずと別れて幸せな結婚をした話

(この記事は、メルマガ『モモの片づけ通信』に書いた記事を加筆・訂正したものです。)

皆様、こんばんは。
モモの片づけ通信、創刊号でございます。

メルマガにご登録いただき、
誠にありがとうございます!!
人生で、メルマガなるものを書くのは初めてで、
ドキドキしながら書いております(笑)。

ブログやHPに書いていますように、
私は、お客さんのお家に伺い、片づけをお手伝いする仕事をしています。

語りたいこと、伝えたいこと、
日々の片づけの気付いたことが山のようにあるので、
何からお話しさせていただこうか、とても迷います。

でも、自分が体感していて、
まず第一にお伝えしたいことは、

片づけは、満ち足りた日々の暮らしを作る土台だということ、

満ち足りた日々の暮らしをおくることで、人生がより良くなっていくということです。

ブログの記事「婚活としてのお片づけ」

その体験談として・・・

恥ずかしながら、私の結婚に至るまでの、
片づけのドラマについてお話しさせていただこうかと。

もともと、片づけは大好きで、片づけや暮らしの本が大好き。

辰巳渚さんの『「捨てる!」技術』や、
カレン・キングストンさんの『ガラクタ捨てれば自分が見える』といった、
片づけ本ではもはや古典に入る本も、愛読していました。

実家暮らしでしたが、自分の部屋も、
大掃除が30分で済む程度には片付いていました。

ですが、自分の部屋も、モノが少ないのは楽でいいけど、
まったく満たされた感じがしなかったです。

セラピストになりたくて、お金かけて勉強したけど、モノにならず、
しかも、結婚したいほど好きだった彼氏(だめんず(笑))と、
32歳にして別れるという、なかなか立ち直れないダメージも負ってしまってたり。

どこが開運するねーーん!!と、イライラしてました。
今にして思えば、だめんず彼氏くんと別れられたことが、開運だったかもしせませんが(笑)。

こんまりさんこと、近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』を読んだのは、そんな時でした。

断捨離ブームも、「世間は遅れてるわね」と、
よくわからない優越感に浸ってスルーしていたので、
(はい、やなやつです(笑))

50万部越えたくらいの時も、スルーしかけていたのですが、
私の片づけマニアっぷりを良く知る妹が、
「絶対読んだ方がいい!」と薦めてくれたからでした。

読み始めると、めちゃくちゃハマりました。

捨てるものを選ぶのではなく、自分のときめく感覚から、残すモノを選ぶなんて!!

これまでの自分の片づけ観を覆す衝撃でした。

さっそく、ときめきに従って残してみると・・・・
ただでさえ少なかった服が、さらに減り、3分の2ほどに。
本も、本棚にすき間ができました。

残すと決めた、お気に入りと、必要なものだけがある自分の部屋。
見た目はそれほど変わりませんでしたが、くつろげるようになりました。
自分の部屋や、持ち物が、愛おしくなりました。

なによりも、
自分と、自分の選択を、肯定できるようになりました。

「捨てるモノを選ぶ」
この目線で選び続けると、
自分にダメ出しをし続けているのに近いんですよね。

この時の自分の体験から、
断捨離やミニマリズムといった、
減らすことが自己目的化した片づけに否定的になりましたが、それはまた別のお話。

元彼くんに、選んでもらえなかった私。
元彼くんに、大切にしてもらえなかった私。

そんな自分をずーーっと責めていたのですが、

今の自分のもとに来てくれたお気に入りのモノたちだけに囲まれていると、
私が大切にしてくれない元彼くんを見限ったのだと、少しずつ腑に落ちて来ました。

そうこうして、半年が過ぎ。
転職も視野に入れようと、いろいろと動き始めた矢先。

なんと、元彼くんから連絡が!!!

えええ~~~・・・( ̄△ ̄;)エッ・・?

ドン引きしながらも結構ほだされてしまうタイプなので、
これまでのパターンを脱却するためには、
別の男性とお付き合いするという選択肢を作らねばならぬ!

でも当時働いていた職場は女性の職場で出会いはないので、
たまたま無料キャンペーン中だった大手お見合いサイトに登録。

そこで夫くんに出会います。

元彼くんと修羅場な場面もあったのですが、
夫くんが支えてくれて、
出会ってから三カ月で一緒に暮らし始め、半年で入籍というスピード婚。

こう書くと、ずいぶん行動派のようですが、むしろ判断は遅いタイプです。
片づけによって、自分の選択を信じることができるようになったから、
決断はどんどんはやく潔くなっていっています。(笑)

成功体験というほど、たいそうなものではありませんが、
結婚してから昔の友達ともfacebookを通じてまた交流がもてるようになり、
片づけという大好きでやりがいある仕事を始めることもできました。

大金持ちになったわけでも、
目のくらむような美人に変身したわけでも、
仕事が超絶デキルようになった訳でもないのですし、
悩みが全て消え去ったわけでもないのですが、
毎日幸せだなーーと、思います。

うっすらとした不満と不安に包まれた毎日から、
抜け出す勇気を与えてくれたのは、
「残すモノを選ぶ」という片づけで出来上がった、私のための空間でした。

いろんなセラピーやセミナーを受けて、もちろん効果はあったのですが、
行動することで、活かせるようになったのは、片づけを完成してからでした。

日々の小さな幸せや楽しみが、
積み重なっていって、また幸せが実っていく。
その幸せなくりかえしを支えるのが、片づけの力なのだと思います。

昔の私のように、不幸というほどではないけれど、
なにか違うと思っている方。

もっともっと、何かを得られるのでは、と渇望している方。

一生懸命、いろんなことをやろうと頑張っているけど、疲れてしまった方。

何が大切なのか、分からなくなってしまった方。

そんな方に、ぜひ、片づけをやりきっていただきたいと思っています。

はりきり過ぎて、長くなりすぎてしまいましたが(汗)、
最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!

次回は、9月4日金曜日発行予定です。
もうちょっと短いです(笑)。

楽しみにお待ちくださいね~~♪

(この記事は、2015年8月にメルマガで書いた記事を加筆・訂正したものです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA